どうやら理念には二つあって、「企業理念」と「経営理念」ってもんがあるらしい。

企業理念っていうのは、「会社の存在意義」や、「方向性」、「目的」といった事をいうそう。つまりビジョンってことかな。そんで、経営理念ってのは、そのビジョンを達成するための「基本姿勢」や「手法」の事をいうんだと。

という事は、じぶんラボにおいて考えると

企業理念:全ての人が自分の健康状態をかんたんに知る事ができ、病気を防ぎ、健康でいる事ができる世の中をつくること。

経営理念:ITを活用して、いいうんちを増やす。

という事になるわけです。そうなってくると、先日書いた企業理念についての記事は間違っていて、正しくは経営理念の事でした。あえて間違っているブログはそのままにしつつ、ここで訂正しておきたいと思います。

さて、前置きは長くなってしまいましたが、企業理念や経営理念を決めると方向性が確定されるので、会社としての意思決定がしやすくなります。たとえば、新しい事業をするか検討するときに、「それを行う事で、うんちが良くなるの?」と問えばいいのです。

いつしか、すご〜く儲かるからといって、金融事業をしたくなったとしても「それってうんち良くなるの?」と問えば、当然良くなる訳はないので、却下です。

逆に、公衆トイレをキレイする事業なんていう、全くもって儲かる感じのしないものでも、「トイレがキレイになる=うんちが出やすくなる」という意味で、採用される可能性が出てくる訳です。

ちなみに、じぶんラボでは、「ウンラボ-いいうんちデザイン研究所」というwebメディアを現在作成しております。10月末にはリリースできる予定です。

この中では、まさに「いいうんちを作るためのノウハウ」を情報や商品といったかたちで提供していこうとしています。いいうんちはデザインできるというのは、「うんち博士」の辨野先生の言葉をお借りしたものです。勝手に使ってごめんなさい・・!( > < ) 

商品については、確かなものでないと紹介はできないので、基本的には「田口が人体実験をして良いと判断されたもの」と「客観的に信用できるメーカーに限定」してPRしていこうと思っとります。

商品といっても、「うんちが良くなるもの」って意外と多くて、食品でもいいし、入浴剤でもいいし、ストレッチ教室でもいいし、アロマだっていいし。いっぱいありますね。笑

いいうんちになる腸ヘルシーな食事を提供する「じぶん食堂」ってのもやりたい。

と、まとまりがなくなってましたが、笑

結局何が言いたいかというと、経営理念っつーものを決めると、どばぁ〜っとアレもコレもやらないといかん!って事になり、忙しくなるよって事です。笑