“スクラム”って本の文中に、セオドア・ルーズベルトの演説の一節が入っていて、それがなんともまあアツい言葉で、胸に刺さりまくりましたので、備忘録として。
 

重要なのは批判する者ではない。強い者がどうつまづいたかを指摘し、偉大な人物ならもっとうまくやれたはずだと批判するような人間に価値はない。名誉は、みずから競技場に立ち、顔を汗と埃と血にまみれさせて勇敢に戦う人間のものだ。判断を誤り、あと一歩で届か無いことを何度も繰り返すかもしれない。失敗も欠陥もない努力など存在しないからだ。だがその人は物事を成し遂げるために力を尽くし、真の熱意、真の献身を知っていて、価値ある理念のために自身を捧げ、うまくいけば最後に偉大な功績という勝利を手にする。そしてたとえもし失敗したとしても、果敢に挑戦した結果の敗北なのだ。したがって彼は、勝利も敗北も知らない、情のない臆病な者とは決して同列になることはない。
参照:スクラム-仕事が4倍速くなる”世界標準”のチーム戦術-

英文はこちら

It is not the critic who counts; not the man who points out how the strong man stumbles, or where the doer of deeds could have done them better. The credit belongs to the man who is actually in the arena, whose face in marred by dust and sweat and blood; who strives valiantly; who errs, who comes short again and again, because there is no effort without error and shortcoming; but who does actually strive to do the deeds; who knows great enthusiasms, the great devotions; who spends himself in a worthy cause; who at the best knows in the end the triumph of high achievement, and who at the worst, if he fails, at least fails while daring greatly, so that his place shall never be with those cold and timid souls who neither know victory nor defeat.

 

刺さりまくるわぁ。